ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - 201711のエントリ

 

年末年始の恒例『新年のリーディング』がはじまります(*´ω`*)

 

 

毎年リピートして受ける方が多数みえる人気の企画で、

スピリチュアルカウンセリングコース担当のきみこです。

 

オラクルカードという可愛らしいカードを使って、今年一年を振り返り、

どんな学びや気づきや恵みがあったかを客観的に振り返りつつ、

そこから繋がる新年はどんな年になるのかを読み解き、

より良い一年にするための具体的なコツやアドバイスを端的にお伝えします。

悩み相談は行いません

 

 ネガティブで怖い予言のようなメッセージは一切なく、前向きで温かい内容となります。

「受けてよかった。楽しかった」

「毎年受けるのを楽しみにしています」

「これを指針に今年も乗り切れた」

等のお声を毎年頂いています。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新年のリーディング 

 

 期間: 2017年 12/1 ~2018年 1/31までの期間限定

 

 時間と価格:15/2000

 

 予約制

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コースの開始自体は明日からですが、ご予約は今日から承ります。

 

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

きみこ

 

 

 

公私ともに仲良くして頂いている永谷農園さんの新しい企画のご紹介です。

 

パンフレットから一部抜粋します↓

 

“生きるを学ぶ”農園寺子屋とは?

小学校6年生~中学3年生を対象に、机の上、そして畑の中で“生きる”をテーマに学ぶ場です。

 “机の上の学び”では、学校生活の中で大きな比重を占める各教科の学習、

“畑の中の学び”では、野菜の栽培などを通じて生活力を養い“生きる”を学びます。

 

学生生活における学びと畑における学び、これらはどちらも生きるための大切な要素であり手段です。

それぞれを学ぶことでお互いの学びを深め合ってくれるものだと考えています。

農園寺子屋では農家としての観点から、“生きる”を学ぶ場としての子供たちの学びの手助けをしたい、

また彼らにとっての拠り所のひとつになることが出来ればと考えています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永谷農園さんはご夫婦で運営なさっている有機栽培農家さんで、

その農法と生き方を学びに大学の生徒さんが見学に来られるなど、

活動内容もその人生の歩みもお人柄も魅力あふれるステキなお二人です。

 

 

FORESTの受付にもパンフレットがありますので興味のある方はどうぞ。

お問い合わせは永谷農園さんに直接なさって下さいませ(*´▽`*)

 

 

連絡先 0574-49?9543

info@umechazuke.jp

www.umechazuke.jp

 

ながたに農園 永谷

 

 

 

 

 

 

 

 

15年目の真実

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-27 14:43

お題からして相当シリアスな内容かと思うでしょ (;’’’’)

 

ぜんぜんそんなことないです 笑

いや、ぼくにとってはあるのか 笑

 

 

昨日オフ会を開きました。

 

今回は僕ら夫婦を含めて5名。

とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

笑いあり、笑いありで、涙はどこにも・・・

 

いや、思い起こしたらありました。

笑い過ぎの涙です 笑

 

 

また、そんな笑いの中にも、僕にとって重要な気づきがありました。

自分で気づいていないことを、参加者さんからご指摘いただき、目からうろこでした。

参加者のみなさんに、コンサルティングしてもらった感じですね。

 

 

FORESTを開業して今年で15年が経過。

まだまだわかってないところ、ありますね。

 

それをお客さんの目線で伝えてもらえるのは本当に有り難いことです。

本来なら言い辛いことも、あえて口にして頂いてるわけですからね。

 

もっとも、お客さんが口に出される前に気づけよyuji

って感じですが、まあ意外と自分は気づかないものなんです。

まあ、こんな逃げ口上も僕らしさということでおおめにみてやってくださいまし (^^)

 

 

FORESTは僕ら夫婦二人で運営はしておりますが、ここまで作り上げてくださったのはお客様なんですよね。

なにもない無色のFORESTに、カラーをつけてくださるのは他でもない、FORESTにお越し下さるお客様です。

 

そのカラーを大切しながら今後も夫婦で頑張っていきたいと思っております。

 

ありがとうございました。

 

あっ、それとコンサルティングしていただいた料金は、来店下さるみなさまにとびっきりの笑顔で還元してまいりますので、どうぞそれでご勘弁を (^^)

 

 

yuji

『金星』

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-25 12:39

 

先日、仕事のことでsin占いを受けられたAさん。

 

ご予約いただいてから、いつものように四柱推命の運勢カルテを作っていましたら、『金』が用神として出ていました。

*用神:あなたをサポートする星。いわゆる運気が上がる自然物を象徴するもの。

 

そしてAさんがご来店。

 

ご相談内容を伺いましたら、

「今年、数年来就いてきた仕事を辞めた。来年、新たな仕事に就こうと思うが、電気工事の仕事か金属加工の仕事がしたいと思う。占い的にはどうか?」

でした。

 

伺ってる途中、鳥肌が立ってきました。

 

用神『金』は、金属を象徴します。

つまり金属に関わるお仕事は、Aさんにとって、とても運気を上げるものなんですね。

 

金属加工はもちろん、電気工事も電気の配線などはすべて、金属の芯に被覆が巻いてあります。

ので、広い意味で『金』に関連してます。

 

 

いやあ、驚きました。

数あるお仕事の中で『金』に関わるお仕事を選ばれるとは。

しかも今までのお仕事は全然金属と関連のないお仕事です。

 

欲しているものが、欲している星と重なるなんて・・・

これは偶然ではなく必然ですね。

Aさんの直観力に感服しました!

 

 

しかも今年は、ちょうど大運の切り替わり年。

*大運:10年周期で巡る、運勢が切り替わる、いわば節目の年。

 

ちなみに、僕がきみこさんと結婚したのも、脱サラし、今の仕事を始めたのも大運が切り替わる年でした。

 

 

Aさん、新しい船出にはぴったりの年ですね。

 

ご多幸、心よりお祈りいたします。

 

 

 

yuji

今の自分は100%

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-22 10:33

 

今の自分は、自分以上でもなければ、自分以下でもない。

 

120%でもなければ、50%でもない

 

100

 

 

 

「今回の出来は、あんまよくなかったなぁ」

「評価低かったし」

「失敗した」

 

たとえばこんな出来だったとします。

 

自己評価は辛口。

せいぜい30点くらい。

 

 

なにかことをおこしたとき、結果をみて当然反省すべきところ、今後改善すべきところ

、出てくるでしょう。

 

より良いものを提供する。

より良い商品を創る。

 

大事なことです。

 

結果は数字に出ますから、良かった良くなかったで気持ちが揺れ動くのも当然です。

 

しかし、結果を自己評価に繋げてしまうとどうなるでしょう。

 

自信が無くなる。

好きだった仕事や趣味も嫌いになる。

自己卑下感が高まる。

自分が嫌いになる。

 

こんなプロットが読みとれます。

 

 

 

結果はあくまで結果。

 

それが自分の価値になんら影響しないはず。

 

でも、結果や評価を自分の価値に結ぶつけてしまうのが、人間の癖かもしれません。

 

 

そこのところ、切り離してみませんか?

その癖、手放してみませんか?

 

随分楽な生き方ができるようになりますよ。

 

しょせんと言う言葉をつかったら何ですが、

今の自分はしょせん自分以上にもならなければ、自分以下にもならない。

 

120%にもならなければ、50%にもならない。

100%の自分を120%のみせることもなければ、50%にみせる必要もないんです。

100%ですから、そのままで良いんです。 

 

数字がどうであろうと、結果がどうであろうと、素の自分はいつでも100%の魅力を解き放ってるわけですから。

 

 

 

yuji

健康について

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-19 9:42

 

命式(生年月日時から割り出した、クライアントを占う上での基礎となるデータ)から五行(木・火・土・金・水)のバランスを観て、バランスを整えるのが四柱推命です。

 

四柱推命から、その方の健康状態をより良くする&改善する糸口がみつけられます。

 

その命式を観ながら、たとえば“土”が強い方は胃や婦人科系にお疲れが出やすくなるので、“土”を少し弱めてあげることでバランスが整います。

 

その“土”を弱めるためにどんな味覚のものを食すと良いか。

あるいはどんなものを身につけたり、どんなところに行くと良いか。

どのようなツボを押さえると良いか。

ご自分で押さえられるツボなどもお伝えすることが出来ます。

 

また、土のエネルギーを調節してくれる五行がありますので、その五行に関連するアイテム&カラーも、その方にとっての健康維持に一役買ってくれることでしょう

 

なお、健康を後押ししてくれる時期や、

土が過剰になる時期はこんなことに気をつけられると良いでしょう。

 

など。

こんな感じのアドバイスをさせていただくことも可能です。

 

 

yuji

恋愛&結婚について

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-17 8:29

 

男女関係において、互いに惹かれやすい時期、

恋愛&結婚に繋がりやすい時期も四柱推命で読むことが出来ます。

 

ざっくり言いますと、男性においては“財星”の時期。

女性においては“官星”の時期に結婚することが多いです。

 

ちなみに僕ら夫婦も、

僕が“財星”の年の、“財星”の月、そして“財星”の日に。

きみこさんからみると“官星”の年の、“官星”の月、そして“官星”の日に結婚式を挙げてました。

 

*印星・自星・漏星・財星・官星、五つの星が、10年一回りで各2年づつ、

年でみると10ヶ月一回りなので、1年に2ヶ月から場合によっては4ヶ月訪れます。

月でみると10日に2日巡ります。

 

 

全てがそうではもちろんありませんし、その年に結婚するのが絶対の良縁とも言い切れません。

 

ただ、運気の流れ的にはそのような流れが来やすいということですね。

 

 

その他に、“貴人”とか“桃花”という『しんさつ(生まれた年と日から導き出される、恋愛サポート運が高まる時期)』もあります。

 

それらと用神(あなたを全般的にサポートする時期)なども観ながら、総合的にどの時期に動くと良いかなどのアドバイスもさせていただきます。

 

 

先日sin占いを受けられたお客様、

ずっと意中の方がみえて、その方との相性を観させて頂いたら、とても良い相性でした。

そしてその方は来年、この地を離れられるとのこと。

 

その方が離れられる前に、もし告白するなら。

時期的タイミングとしてはいつが良いかなども、以上のことを踏まえお伝えさせて頂きました。

 

四柱推命的にはとても良いご縁のように思いました。

 

しあわせ、お祈りいたします。

 

 

yuji

財運が上がるとき

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-16 13:37

 

四柱推命に、“財”の時期があります。

この時期は一言で言うなら金運が上がるときと呼ばれています。

 

そして、この財の年は『偏財』と『正財』に分けられます。

『正財』はどちらかと言えば、昇給などの固定収入増が期待できる時。

いわゆる“不動財”と呼ばれるものです。

 

もう一つの、『偏財』は“動財”の時期と言われ、これが巡る時期は突発的な収入が期待できる時期です。

 

突発的な収入と言えば、ギャンブル・宝くじなどが真っ先に浮かびますよね(^^)

 

その時期が巡ってくるのは、人それぞれ違います。

 

たとえば、今年は“丁(火の陰)”の年ですが、

四柱推命を観させていただいた方の中に、癸(水の陰)の方がみえました。

その方からみて今年は『偏財』の年。

 

その方のお話を伺ってましたら、今年7月に宝くじを3回当てたと仰っていました。

それもなかなかの高額だったそうです(^^)

 

その時期を調べましたら、まさに『偏財』の月。

『偏財』の年に『偏財』の月、さらに中心星(その方を象意する星)が『偏財』の方だったものですから、『偏財』の"ぞろ目”となったわけです。

 

 

僕も21年前に経験しました。

1996年の5月、パチンコで1ヶ月に26万円勝った時期がありましたが、それを調べたら、なんと『偏財』の月に当たってたんですね。

 

その月は4回行ってすべて負けなし。

 

これ、偶然にしては出来過ぎですよね。

 

 

四柱推命ではそんな時期も読み取れます。

 

すべてが当たるわけではありませんが、どうせ宝くじを購入するなら確率が高くなる時期に購入されるのも良いですよね(^^)

 

今年が偏財の年に当たらなくても、偏財の月は10ヶ月に1回。

1年に必ず1回は巡ってきます。

また、偏財の月でなくても、偏財の日は月に約3日巡ってきます。

 

さらに偏財の時間もありますので、宝くじ売り場の営業時間内にその時間が巡れば、それらを合わせて購入することで確立も高まるということです。

 

年末ジャンボ、僕にとって12月は偏財に当たりませんが、

7日、17日、27日は偏財の日に当たります。

なお、偏財の時間は17~19時です。

僕にとっての偏財の方位は北ですので、自宅より北側に位置する宝くじ売り場に行きます 笑

 

ちなみにきみこさんは、今年、偏財の年に当たってます。

12月は偏財の月ではありませんが、11日、21日、31日が偏財の日。

時間は17~19時まで。

財の方角は西。

 

 

どこかの宝くじ売り場でうろついてたら、

「あいつ、買いに来たな」

と笑ってやってください 笑

 

 

 

yuji

しあわせの呼び水

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-15 8:43

今月1日にオープンしたsin占い、何人かのお客様にセッションさせていただきました。

共通して感じたことは、

「みなさん癒しを求めている」

ということ。

そして状況こそ違え、自分がいままで経験してきたことと、シンクロ&リンクしている部分が少なからずあること。

 

 

ひとは

「なんとか自分を変えたい」

「今の自分にサヨナラし、新しい自分になりたい」

 

意識してるか否かは別として、多かれ少なかれそう思っているように思います。

でもそんな気持ちとは裏腹に、変わりたくないという気持ちも持っているように思います。

 

また“変わりたい”という気持ちが強くなればなるほど、“変わりたくない”の引きも強くなるものなんですね。

 

“変わりたい↔変わりたくない”

まるで、綱引きしてるよう。

 

その綱引き、心の力がみなぎってる時はまだしも、さんざん心を酷使し、疲弊した状態で勝負に挑んでも、とうてい勝ち目はありません。

そんな時は、そのような意志の力を使った綱引きの舞台から一度離れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

心の筋肉にグッと力を加えるんじゃなく、逆に力を緩めてみる。

そして滋養させる。

滋養させるために最も効力のあるサプリメントは“癒し”です。

 

そして、そのサプリの主成分となるのは

『いまの自分を大好きになる』

自己肯定感と、

『ひとの生き方を認める』(誤解を招くといけないので補足させて頂きますが、ひとの生き方を好きになると言ことではありません。認めることと好きになることはまた別次元の話ですから)

多様性の認知からできています。

 

サプリを調剤するには、まず自分を問診し知る必要がありますよね。

自分への問診。

それは時に辛い行為になるかもしれません。

なぜなら、気づきたくなかった気持ち、隠蔽してた気持ちに触れることになるかもしれないから。

嫌だと思っている自分の存在を認めるって辛いですもんね。

 

でも、その問診がしっかりできれば、

あとは、ご縁(目に見えないけれども確実に存在する大きな力)にそこの部分の癒しをお任せするだけ。

やがて、あなたのために調剤されたサプリがちゃんとギフトされるでしょう。

“すべては最善になる”

という形で。

 

 

 

ひとには、「自分と向き合う」ことを課題とする時期が、人生の節目として何度かあるのではないでしょうか。

 

もし、運気が低迷してるなと感じられた時は、そんな節目をむかえているという捉え方もできます。

 

そしてその時期の過ごし方が、しあわせの呼び水となるんです。

人生に無駄なしです。

 

 

 

sin占いを受けて下さったお客様から感想文を頂きましたので、ご快諾のもと載せさせて頂きます。

ありがとうございましたm(__)m

 

******************************* 

こんにちは^ ^

昨日はありがとうございました。

 

初めての占い、ドキドキしたけどとても良い時間を過ごさせてもらいました。

なかなか人には話せない事、プライドが傷つく話しを親身に聞いて下さり、受け入れてもらえた事ですごく気持ちが楽になり、占ってもらった事で私の未来にも明かりはあるということ、今までの時間が無駄ではないことに気付くことが出来ました。

 

自分と向き合い、見つめこれからの一歩を踏み出す勇気をもらえました。

もう少し自分のことを信じ、自信を持って前向きになろうと思います。

 

雄二さんが、

私なら大丈夫と言ってくださった事、本当に嬉しかったです。

自分にとっての癒しを探し、自分のことも大切にしようと思います。

また息詰まったら話しを聞いてください。

 

早速手相の写真をホーム画にしました(^ ^)

 

 

 

yuji

顎関節痛のアプローチ

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2017-11-9 13:59

「顎関節の痛みが2週間前から続いている。」

 

先日、そんな主訴の方の施術をさせて頂きました。

その方は妊娠3ヶ月。

安定期前ですので、施術の範囲は限られます。

(骨盤や背骨の調整は禁忌。ツボも禁忌のツボがいくつかあります)

体位も俯せはお辛いかと思い、仰向け及び横向きの姿勢になっていただきました。

 

そして施術開始。

腕には、歯痛や顔のツボもございますので、そこと顔のツボを入念に調整。

 

その後、かいほうワークをさせていただきました。

いつもは、そんな症状の場合、顔の表面からのアプローチにとどめますが、

先日はクライアントさんの了承を得たうえで、口腔内(口の中)にビニール手袋を解して指を入れ、ワークを施しました。

 

このワークは、より痛みの原因箇所近く、ダイレクトにアプローチできる分、より効果も望めます。

 

結果はその日の夜、クライアントさんよりLINEにて

「顎が、すっかり痛くなくなりました」

とのご感想をいただき、確認できました。

 

いままでお客さまにはしていなかったですが、やはりダイレクトにアプローチできる口腔内のワークも、伺ったうえで施術の中に組み込もうと思いました。

 

 

yuji

Forest
Designed by Invision