ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - 201606のエントリ

7月のオラクルカードメッセージ

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-6-30 22:57

 7月のオラクルカードメッセージ 

◆使用したカード/フェアリーオラクルカード

 

1月生まれの方・・・・・『男性性の癒し』今月は「行動やイニシアチブを取る」事に関する大きな気づきと癒しが起こるでしょう。また、パートナーとの関係性について進展が見られそうです。あなたの中の古い苦手意識が浮上したら感謝と共に手放し、新しい自分を受け入れましょう。

 

2月生まれの方・・・・・『インナービューティー』「自分に対する見方」がテーマの月。あなたは何もしなくても価値ある存在です。「こうしなければ愛されない」「こうあるべき」といった縛りを見直しそこから自由になっていきましょう。本当の美しさが光となって溢れ出します。

 

3月生まれの方・・・・・『本当の気持ち』長年抱えてきたテーマ「本当の気持ちに気づき受け入れる」が完成される月。ようやくこの段階まで来た自分を褒めてあげましょう。そして、どんな気持ちが沸いてもジャッジしないで認めましょう。健全な自己愛はあなたを芯から強くします。

 

4月生まれの方・・・・・『環境』仕事や家庭や交友関係など、環境にまつわる目に見えた変化が起こりそう(それは良い兆しなのでご安心を)。新しいチャレンジと気づきがやって来ます。夏にかけて嬉しい展開がありそうなので、変化はそのしるしと前向きに捉えましょう。

 

5月生まれの方・・・・・『アクティブ』行動面において色々と多忙になりそうです。仕事が増えたり昇給するなどお金の流れがよくなる予感があります。活動的になった後は、クールダウンも大切です。休む時や遊ぶ時はしっかり時間を取ってメリハリを利かせてましょう。

 

6月生まれの方・・・・・『自分を大切に』今月は、徹底的に自分を慈しみましょう。「無理をきいてあげなければならない」と思っていませんか?あなたが何にも縛られず自由に呼吸できる時、最高の人生が開かれます。「周りより自分を最優先するチャレンジ」はその位価値あるものです。

 

7月生まれの方・・・・・『笑い』「気楽にイージーに考えて」と妖精が微笑んでいます。真面目過ぎ&深刻になっていませんか?そろそろリラックスするタイミングです。仕込みは上々。あとは天の采配に任せてあなたは一歩退きましょう。その結果棚ぼたのような幸運がやって来ます。

 

8月生まれの方・・・・・『もう大丈夫!』「安心していいですよ」と妖精が告げています。気にかけてきた案件について、ホッとくつろげる結果が出るでしょう。ひと段落ついたら「どうして無理をしてしまったのか?」など心の中を整理しましょう。次につながるヒントが見つかります。

 

9月生まれの方・・・・・『本音でトーク』思いを、心開ける相手に伝えると良い月。抱えきれない思いは、誰かに持ってもらってもいいのです。案外相手もそれを待っているかもしれません。そのためにはまず自分自身が自分に正直になることがとても大切。自分に素直になりましょう。

 

10月生まれの方・・・・『執着を手放す』大きな癒しが起こるでしょう。ずっと気にかけてきたことに終止符が打たれ、あなたの手を離れるでしょう。それはあなたも周りも最高に幸せにするために起こるプロセスと捉え、安心して心の手を放しましょう。

 

11月生まれの方・・・・『自分自身を見つめる』自分の心を深く内観する月。これまで手を付けてこなかった心の中の古傷に癒しと愛の光が差し込みます。自分を責める時代はもう終わりました。これからはどんな自分でも愛し、自由に人生の舞台で踊ればいいと悟るでしょう。

 

12月生まれの方・・・・『前向きさ』今月は、今後秋までの運気の流れにとってとても重要な月になるでしょう。この時期をより良く移行するコツは「前向きさ」。揺れる心を認めつつ「人生はもっと良くなる」と信じましょう。音楽を楽しむのもポジティブさを保つ助けになります。

Yujiさんの新商品入荷しました!

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-6-30 16:57

昨日の『FUKANE』さんに引き続き、

コラボクリエイター『Yuji』さんの新作アクセサリーが6点入ってきました♪

 

今回は、季節感たっぷりの夏向き商品から乙女デザインまで豊富にそろっています(*^-^*)

ピアスのフックは全て14KGF(14金ゴールドフィルド)を使用しています。

 

まずはこちら。

アパタイトのピアスです。

アパタイトピアス ¥2200

かち割り氷のようなアイスブルーがなんとも涼し気!

その上に組み合わせた、ワインレッドカラーのスピネルのビーズが

涼しさを引き立てます。

 スピネルは、自己実現・目標達成を強力にサポートする石です。

 

 

次はこちら。

ムーンストーンのピアス。

ムーンストーンピアス ¥2000

柔らかい色目が美しい石。

涙型にカットされた半透明のムーンストーンが、

清楚でたおやかな印象を与えます。

 

こちらは再販です。

ローズクォーツを使った作品。

 

ローズクォーツピアス ¥1500

 

大小の丸玉ビーズを組み合わせ、ロングピアスに仕立てました。

 

ゴールドフィルドの上品な金色とベビーピンクの石が好相性。

控えめな女性らしさを表現します。

ブログを見られた県外の方から問い合わせがあり、通販したこともある人気商品です。

 

こちらはラピスラズリを使った作品。

 

 

ラピスラズリピアス ¥1300 ←売約済みとなりました。

宇宙のように深い紺色の中に浮かぶ金色が美しい石。

困難を乗り越えた先に待つ気づきと幸せをサポートすると言われます。

 

 

まん丸で可愛い!肌色をきりっと引き締めてくれます。

 

 

 

こちらもラピスラズリを使っています。

上の丸玉がラピス、下のオレンジ色の石はカーネリアンです。

 

カーネリアン・ラピスピアス ¥1800

 エキゾチックな雰囲気漂うデザイン。

 

ハッキリした色の組み合わせですが、とても良く調和しています。

 

麻のカバンやサンダルにも合いそう!

コーディネイトの差し色にいがかでしょう。

 

 

最後はこちら。

クリスタルを使用した作品。

 

クリスタルピアス ¥1300 ←売約済みとなりました

 

栗の実型の石が可愛らしく、ボリュームがあります。

けれど透明度が高いクリスタルなので軽やかな印象。

 

服装を選ばないデザイン&色。夏の万能選手です。

 

 

 

実物はもっと綺麗で可愛いです♪

ぜひ実物を手に取ってご覧くださいませ~

 

きみこ

 

昨日、新しいコラボクリエイターさんの商品が届きました!
 ※コラボクリエイターとは、委託販売させて頂く作り手さんのことです。
 
 
その作家さんとは、

仙台市でパワーストーンのお店を経営なさっている

【FUKANE(ふかね)】さんです。

 

以前、アンダラクリスタルネックレスをリフォームして頂いたことをブログ記事にしたので、
ご記憶の方もいらっしゃるかと思います。
 
 FUKANEさんとのご縁はこちらのブログからご覧頂けます→
 
 
FUKANEさんの実店舗では、希少な原石やビーズ、マクラメ編みアクセサリーなど、
様々な品を取り扱っていらっしゃいます。
そんな中から今回入荷したのは『原石アクセサリー』です。
 
原石アクセサリーとは、天然の原石を14金ゴールドフィルドワイヤーで加工した一点もののことです。
 
最大の特徴は、
石のフェイス(正面)をワイヤーで隠さずしっかり出すこだわりの手曲げの技と、
どんな形状の石でもシンプルに美しく巻き上げる技術。
この巻き方ができる人はなかなかいません。
 
 
また、ゴールドフィルドは、金メッキの中でも比較的安価でありつつ、
金属アレルギーが起きにくい点や、経年変化に強く美しい輝きが長く保たれることで人気があります。
 
 
 
 
届いたばかりの商品は以下の6点です(すべて14KGF使用)。
  ※14KGF=14金のゴールドフィルドのことです。
 
 
 
 
 
こちらは、アパタイト(マダガスカル産)を使ったピアスです。
 
 
 原石ワイヤーラップピアス アパタイト ¥5940(税込み)
 
 
ラムネのような、紺碧の海のような、美しいブルー。
極細チェーンでロングピアスに仕立てた石が、耳元で涼しげに揺れます。
 
*アパタイトは、
大切な人(家族・恋人・チームや組織など)との絆や結びつきを強める石と言われます。
 
 
 
 
 
こちらは、ピンクトルマリン(ナイジェリア産)のピアス。
 
 
 原石ワイヤーラップピアス ピンクトルマリン ¥5880(税込み) 売約済みとなりました
  
 
 
葡萄の果汁のような、甘やかでいて奥ゆかしい色めが素敵。
さりげない女らしさが漂う作品です。
 
またピンクトルマリンは、
思いやりの心を育む「愛と感謝の象徴の石」と言われています。
 
 
 
 
こちらは、ペリドットを使ったピアス。
この作品だけは、フック式ではなくポスト式です。
 
 
 原石ワイヤーラップピアス ペリドット ¥4600(税込み)
 
小粒ながら透明度の高さがハッと目を引く美しい石。
それを、繊細のワイヤーでラッピングし、
ごくごく小さなバラの花状のワイヤーワークを施しています。
 
この繊細さはぜひ実物をご覧頂きたいです。
 
 
またペリドットには、
夫婦の和合や、暗く憂鬱な感情を追い払う効果があります。
 
 
 
 
次はペンダントです。
 
 
インペリアルトパーズ(ブラジル産)とペリドットを組み合わせたペンダント。
 
 
 原石ワイヤーラップペンダント インペリアルトパーズ&ペリドット ¥7900(税込み)
 
下の大きな石がトパーズで、その上の丸玉がペリドットです。
※インペリアルトパーズとは、トパーズの中でもイエロー系やゴールドカラーの物をさします。
 
 
はちみつキャンディーみたいに美味しそうな色のトパーズは、
角柱のような形状も美しく、
その上にちょこんと乗ったペリドットのグリーンと引き立て合い、目を惹きます。
 
またトパーズは、自分に必要なものやチャンスを引き寄せる効果があると言われています。
 
 
 
こちらは、アイオライト(マダガスカル産)を使ったペンダント。
 
 
 原石ワイヤーラップペンダント アイオライト ¥7850(税込み)
 
 
藍色の濃淡がグラデーションになっており、
表面には一部シラー(虹のように輝く部分)があります。
 
 
ワイヤーの巻きの流れるようなデザインと、鋭利な角を持つクールな石とがベストマッチ!
見ていて飽きません。
 
またアイオライトには、
「正しい方向への前進・道標、イライラした感情を鎮める、一途な思い」などの意味があります。
 
 
 
 
こちらはアパタイト(マダガスカル産)を使ったペンダント。
 
 
 原石ワイヤーラップペンダント アパタイト ¥7300(税込み)
 
深い海の水を固めたような魅惑的な色の石。
 
 
上部に施されたワイヤー巻きの三つの渦巻きが、
まるで海中から上がる気泡のように見えてきます。
 
石自体に厚みがあり、存在感大。肌に映えます。
 
 
アパタイトは、大切な人(家族・恋人・チームや組織など)との絆や結びつきを強める石です。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
美しく、しかも″気持ちの良い石″ばかり。
 
身に着ける人の情緒を落ち着かせ、
安らぎと前向きさを与えてくれると感じます。
 
 
 
毎度のことながら、
スマホの写メでは美しさの再現に限界が・・・(;´∀`)
 
実物はもっと綺麗です。ぜひその目でお確かめ下さいませ♪
 
 
 
実は今日、同じくコラボクリエイターの『Yuji』さんの新作アクセサリーも入荷しました☆彡
そちらは近日中にご紹介しますね!
 
 
きみこ
 
 
 
 

次回グループヒプノのご案内

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-6-28 8:18

 ヒプノセラピーのマイコエルさんの、FORESTでの次回グループヒプノの日程が決まりましたので告知します。

8月11(祝)

14:00~

テーマ「暗示療法」

取り入れたい生活習慣やなりたい自分の姿を暗示文にして潜在意識に直接入れていきます。暗示文のルール、暗示のメカニズムなど潜在意識の特性などもお伝えします。

 

グループヒプノとは(以下、マイコエルさんの記事転用)

グループ(3名?4名)でヒプノセラピーを体験する「グループヒプノの会」を毎月開催します。

グループヒプノセラピーは、テーマを決めて行います。

テーマはいろいろ。リラクゼーション、暗示療法、前世、インナーチャイルド、未来、ハイヤーセルフ、身体対話、グリーフケア(亡くなった方との対話)など。

 

同じテーマで、それぞれがご自分の潜在意識の世界を味わっていただき、グループヒプノが終わった後は体験したことを皆でシェアし合います。

 

シェアの時間の中で、私から皆さんへ催眠についてのお話、潜在意識と繋がって生きるライフスタイルのお話、魂の世界の仕組み、守護存在たちのお話などスピリチュアルのお話も交えながら参加してくださった皆さんと色んなお話をしていきたいと思っています。

 

ヒプノセラピーはどんなものなのかまず体験してみたいという方は、このグループヒプノに参加してみてください。グループヒプノでも、しっかりと自分の潜在意識の世界を体験することできます。

もちろん、ヒプノ経験者、リピーター様も大歓迎。

 

タイミングが合った方、ピンと来た方のご参加をお待ちしています。 

マイコエルさん曰く。

「暗示療法の回もとても面白いので、みなさんと楽しめたら嬉しいです!!」

とのこと。

お申込み、お待ちしております(^^♪

 

仔細はこちら→

 


 去る金曜日、

 奇跡講座(奇跡のコース。以下コースと略)の学習者や、
『赦しのレッスン(ハイヤーセルフに委ね、恐れ(エゴ)を根本から削除する方法)』
を日々実践している方のための
シェア会を開きました。
 
 
 
コースとは、
《人間のエゴ(恐れ)とは何かを心理学的に解説し、
エゴから解放される方法(赦しのレッスン)のやり方やコツを書いた本》です。
 
これを学び実生活で活用すると
心は恐れ(エゴ)から解放され、安らぎや本来の強さを取り戻し、
幸せな人生に変わっていきます。
 
 
コースは、
・教科書にあたる「テキスト編」
・参考書にあたる「マニュアル編」
・計算ドリルのように一日一項目練習し、365日で完了する「ワークブック編」
の三冊で構成されています。
 
 
 
ただこのコース、難解なことでも知られていまして…(;´∀`)
 
 
多くの場合(特に「テキスト編」は)
数ページ読むにも(意味が分からず)四苦八苦。
慣れてきても(別の意味で)四苦八苦します。
 
 ※コースは宗教ではありませんが、
「聖霊」「神」「キリスト」など聖書の言葉が出てくるので、
日本人には馴染みにくかったり、嫌がる方もいます。
 
また「″引き寄せ(宇宙)の法則″と同じじゃん」と誤解して、
間違った解釈をしてしまうことも多々あります。
 
※コースは引き寄せの法則ではありません。
ただ、コースを学んだ上で行うと、引き寄せは格段に上達します。
たとえば、アラン・コーエン、ドリーン・バーチュー、パム・グラウト、本田健、など、
『引き寄せの法則のマスター』と呼ばれる人たちや欧米の企業成功者の多くは、
コースの熱心な学習者です。
 
 
実のところ、四苦八苦の本当の理由は、
【無意識下に隠れているエゴが抵抗するから】ですが、
エゴは私たちにそれを悟らせまいと、あの手この手で学ぶ気持ちを削ぎにかかります。
 
嫌気がさしたり、興味が失せたり、
「ちゃんと学べているのか分からない」と不安や悩みが沸いたり…
 
そんな時、学習者同士で交流すると、
心が軽くなり、ブレが修正され、励みになるのでおススメなんです。
 
また「赦しのレッスンをしたら、こんな体験をしたよ」とか「こんな時他の人はどうしてる?」
といった体験のシェアや質疑応答が、互いの学びを助け、理解や気づきを深めます。
 
 
今回のシェア会も、そうした場を希望されるお客様からのリクエストで形になりました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
スピリチュアルな話って、人にはなかなか気軽に言えないものです。
しかも、コースや赦しのレッスンとなると、そりゃそりゃもうマニアック過ぎて…(笑)
 
 
たとえば、「赦し」という言葉一つ取っても、
 
「ゆるす?酷いことをされても許してあげるなんておかしいし無理!」
 
と受け取られがちです。
 
※コースで言う「赦し」とは、
「どんな仕打ちもされるがままにする・怒りを抑えて無罪放免してあげる」ことではありません。
 
そうした理不尽な出来事を人生に投影してしまう本当の原因
=自分自身の潜在意識の中にある恐れ(エゴ)を無意味化して削除することです。
 
 
 
参加者4名は、
・コースの本を使って学んでいる
・過去に概要と赦しのレッスンをFORESTのスピリチュアルスクールで学んだ
・受講中で学んでいる真っ最中
 
など、いろいろな段階の方が揃いました。
共通の話題で集まっている安心感も手伝い、すぐに和気あいあい♪
 
これまでに溜まっていたシェアしたいこと、
疑問に思っていること、「聞いて聞いて!」ということなど、
自由に話し合いました。
 
 
 
 
 
やがて話題は広がり、引き寄せ(宇宙)の法則や潜在意識の特徴や活用について話したり、
文字が持つ波動についての面白い話やその体験コーナー(笑)も開かれて大盛り上がり!
 
そうした「投影の世界のツール」をコース的にどう見なし扱っていくかも確かめ合えました。
 
 
 
 
終了時には、
「楽しかった」
「心を開いて自由に言いたいことが言えて、心地よかった」
「こういう場が欲しかった」
「定期的に開いて欲しい」
とのお声を頂きました(*´▽`*)
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
コースでは「互いが教師である」と言います。
 
そこには多重の意味が込められていますが、
目に見える部分で言うと、
 
 
長年学んでいる人は、年数が短い人に対して、
 
「豊富な知識や体験」と、
「コースの真理を《実際に生きている人》に触れることによって得られる知識以上の恵みや希望」
 
を与える教師です。
 
 
 
また、年数が短い人は、長い人に対して、
 
「教えることでますます腑に落ち学びが深まる体験」と、
「自分の学びがどれだけ進んでるかに気づかせたり安堵」
 
を与える教師になります。
 
 
 
「互いが教師である」
 
それはコースに限らず、あらゆる場面でも言えることですね。
 
互いが互いの先生であり生徒でもあり、
学び合い、励まし合い、気づき合う。
 
そうして互いを尊重し、受け入れ合うことで、
人生は共に豊かになっていくのでしょうね。
 
 
コースと赦しのシェア会は、今後1~2ヶ月に一度くらいのペースで開くことにしました。
ブログにてお知らせしていきますので、どうぞよろしくお願いします(^^)
 
 
 
きみこ
 
 

起業について5

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-6-24 18:03

 

「自信を持って提供しているつもりなのに、どうして結果が伴ってこないんだろう?」

と思うことが営業を続けてると、必ずと言っていいくらいあると思います。

 

こんなことを言うと元も子もない話ですが、

今は「良いものを出していれば結果に繋がる」

とは必ずしも言えない時代です 苦笑

 

そして、「宣伝広告をこんな風にして、SEOもしっかりして、その他諸々もこうすれば必ずヒットする」

そんな確実なメソッドがある時代でもないです。

 

選択肢に溢れている今の世の中、

大切なのは、

“何をするか”

ではなく

“どうあるべきか”

という自分軸を明確にしていくことではないでしょうか。

 

それは言葉を変えれば、コンセプトとも言います。

 

コンセプトは様々。

たとえばFORESTの場合

“心と身体を整える店”

です。

 

そこが明確になると、今度はどうすれば心と身体が整うか?

ということになりますよね。

 

じゃあ、整うためにすること。

FORESTの場合

“心と身体の緊張を解放させること”

 

では、

心と身体の緊張を解放させるためにはどうするか?

 

 

“自我(エゴ)を薄くさせる”

 

「自分はこうだから」

という決めつけ。

「あの人はああだから」

というかたくな思い込み。

 

つまり“こうあらねばならない”を、施術やセッションor授業の中でクライアントともに解放させていくことです。

 

 

ところでみなさん、話は変わりますが、Freedomフリーダム)とlibertyリバティ)の違いってご存知ですか?

ともに“自由”という意味あいですが、

前者は様々な抑圧、制限などのない広い意味での自由を表しているのに対し、

後者は様々な抑圧、制限などから解放されている自由を表しています。

 

話を元に戻しますが、

“こうあらねばならない”からの解放となると、リバティですね。

 

疲れてる=癒されてない

状態というのは、なんらかの抑制がかかっていることが多いです。

つまり、自由でない状態とも言えます。

 

そこで、そんな不自由から心と身体を解放させる。

自由にさせる。

それが、FORESTのコンセプトです。

 

 

これは我が店の例ですが、こういった概念も営業を続けていくうちどんどん変わっていくこともあります。

それはそれで結構。

それをブレるとは言いません。

 

ブレるとは、本当はしたくないことを流行りのためにねじ曲げてすること。

それを無理くり納得させてすることです。

 

とは言うものの、ブレることもありますよ。

こんなカッコイイこと言ってる僕も、いままでさんざんブレてますからね 苦笑

 

それも学びとなっているので、ブレることが一概に悪いとも決めつけられませんけどね (*_*;

 

 

その時々で営業をしていくうえで自分がたいせつにしていること。

それは本質の部分をしっかりみつめてゆくこと。

そして、迷ったらその本質に立ち戻ること。

 

そこんところは、これからも大切にしていきたいですね。

 

 

yuji

淡々とやる

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-6-20 12:23

 ″淡々とやる″

 
最近のマイブームです。
 
 
 
このところ、色々な場所、人、場面で、この言葉を耳にしています。
シンクロですね。
 
この言葉、今の私にはとても心地よく、心にすーっと沁みていきます。
 
 
 
 
 
 
私の中での″淡々とやる″のイメージ。それは、
 

 

「力みや、ハイテンション・ローテンションとは無縁な心持ち」


「やると決めたら、結果にとらわれず、ただ今目の前のことを確実にやる」

 

 
 
もちろん、人の心は揺れ動くのが当たり前なので、
 
ちょっとしたことで力んだり、
「ひやっほーっ!」とテンションが高くなったり、
「とほほ…」としょんぼり下がります。
 
そうした自然な反応はそのまま″淡々と″観察し、
「ほうほう、そうか、そう感じたか」と自覚し認めながら、
平静な心に戻って行動していく。
 
私の場合は、自覚し認めた後で『赦しのレッスン』を行い、
ハイヤーセルフに委ねることで、感情の源(エゴ)を癒し、平静な心を取り戻します。
 
 

ハイとローの間、ちょうど真ん中=中庸に戻って生きる。

マインドフルネス(今ここに在る気づき)の状態。

 
という感じでしょうか。
 
 
 
これって、エゴが騒いでいると(=恐れがあると)できないんです。
 
言い換えれば、
力みも、ハイテンションもローテンションも
エゴ(恐れ)から生まれるものなのです。
 
一見、恐れとは無縁そうな『ポジティブなワクワク』であっても、
実はその奥にはエゴ(恐れ)が隠れています!
 
 
それを手放した状態が、″淡々と″な心持ちなのだと思います。
 
 
 
力みも、ハイな期待も、ローな悲観も、
 
自覚した上で、そこから離れる。
それら恐れにエネルギーを注ぎ続けないことを選択する。
 
すると自動的に″淡々とやれる″ようになります。
 
 
 
 
私の中での″淡々とやる″の代名詞はイチロー選手です。
 
 

やれることを日々やり続ける。

結果にとらわれず、過去の成功を毎瞬リセットして打席に臨む。

 
 
野球のことはよく分からないので彼の達成した偉業の凄さは語れませんが、
人としての生き方、心のありようと行動の姿勢には尊敬の念を禁じえません。
 
※昨日のブログで書いた男性性と女性性の調和を地でやっている方でもありますね。
 
 
 
 
イチロー選手、キャンプインする時、オモシロTシャツを着ることで有名だそうですね。
 
こんなのや、
 
 
カッコイイ!言ってみてぇ!(笑)
 
 
 
こんなの。
 
 
きゅん♪
 
 
 
そんな数々のオモシロTシャツの中で、
もっか「淡々ブーム」な私に響いたのはこれ!
 
 
 

「ヤルカヤラナイカダ」

 
 
はい、まさにその通りっす(;´∀`)
言い訳せずに今日も淡々とヤリマスル。
 
 
きみこ
 
 
 
 

男性性と女性性

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-6-19 12:25

 

人間には、
男性性】と【女性性という二つの要素が生まれつき備わっています。
 
これは性別のことではなく、心の中のバランスのことです。
 
 
たとえば、
企業家が理想と目標をかかげて「この方向へ進むぞ!」と指示するのは男性性の為せる業です。
また、その社員が指示を受け入れ従い働くのは女性性の力です。
 
 
「決断する。イニシアチブを取る。発信し行動を起こす」が男性性なら、
「受け入れる。委ねて流れに従う」が女性性です。
 
 
 
両者のバランスは、性格や個性となって表れます。
 
 
ちなみに昔の私は「イエスマンで、意見が言えないストレスフルな人」でした。
 
 
・なかなか決断できない。行動がとれない。人に指示する(頼む)ことが苦手=男性性の低さ
 
・本心では嫌なのにどんな要求でも受け入れてしまう(断れない)=女性性の不健全な高さ
 
 
当時の私は、男性性と女性性がアンバランス。
当然、生き辛く、誤解されることも多々あり、自分のことが大嫌いでした。
 
 
 
 
女性性と男性性は、どちらが良い悪いということはなく、優劣もありません。
 
男性には男性の良さが、女性には女性の良さがあり、
それを尊重し合い適材適所で補い合うのが一番良い社会であるように、
 
個人の中の女性性と男性性も、両方にそれぞれの良さがあり、
それを尊重し合い適材適所で補い合うのが一番理想的で、
バランスの取れた人となります。
 
 
 
 
 
という前提を踏まえた上で・・・
 
 
最近気づいたのですが、
 
 
女性性というのは、
 

【天に対する究極の信頼】

 
なのかなと。
 
起こることすべてをまずは受け入れ、
天の計らいと信じ、
信じられなくても信じてみようという≪勇気を持って≫
この身も心も人生も委ねていくこと
 
なのかなと。
 
 
また、男性性とは、

【天への信頼のもと、人間的な行動を取ること】

 
なのかなと。
人間として実際に思考し決断し行動を取っていくこと。
はらを決めて≪勇気をもって≫動くこと
 
なのかなと。
 
 
この中でも、
≪勇気をもって≫
というのが地味に大事なポイントだと感じます。
 
それは≪覚悟≫と呼んでもいいでしょう。
 
 
 
人間は、潜在的恐れを持つ存在です。
″常時全てにおいて完璧に安心しきる″
というのはなかなかできません。
 
スピリチュアル的な視点から真実を言えば、
恐れは人間の意識の中だけにある幻想であり実在しません。
 
けれど、そうとは思えないのが人間の性です。
 
 
「恐れが実在しないなんて信じられない!」というアイデアを、
つまり、「疑い」の方を「積極的に選択し信じようとしている」わけですね。
 
 
そうした間違いに気づかせようとするのが、天の采配であり、ハイヤーセルフ(聖霊)の役割です。
 
ゆえに、
「恐れることは何もないんだよ」と気づかせようとする天の愛の計らいの方を、
「自ら積極的に選択」し、「踏み込んで体験しに行く」ことが、
とても重要なのだと思います。
 
 
天が用意している愛の流れに、勇気を振り絞って自らドボンと身を投げるのです。
 
起きている現実をあるがままに受け入れ、流れを信じた上で実際に行動を取るのです。
 
 
すると本当に、
恐れていたことには何のパワーもなく、実在性もなかったと、実体験できます。
 
 
人間は、自分が体験すると信じられます。
よって、ようやく腑に落ち、天の計らいを信頼できるようになります。
 
 
 
 
 

天を信頼し、安心し、

信じ(ようとす)る≪勇気を持って≫、

委ねる≪覚悟≫を決める。

 

そうした心の状態を持ったうえで、

 

人間として、考え、

≪覚悟を決めて≫決断し、

実際の行動を≪勇気を持って≫取っていく。

 
 
  
 
それが、男性性と女性性の調和であり、
 
心と行動の調和であり、
 
人間として思い描く理想の人生と、天が用意している最幸の人生との調和なのだろうと思います。
 
 
 
 
疑いや恐れ(エゴ)が残っていてもいいんです。
それを越えてなお、「信じ行動することを自ら選択する」ことが尊いのです。
 
 
きみこ
 

 

オラクルカード講座を再開します

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-6-18 17:11

 

私(きみこ)が担当しているスピリチュアルスクールには、開講当初、
『透視リーディングクラス』と『オラクルカードリーディングクラス』の二つのクラスがありました。
 
数年後、透視スクールに入れ込む形に変え、オラクルカード単体の講座はHPメニューから外しましたが、
実は今でも、ご依頼があった時に裏メニュー(?)的に開いていました。
 
今年に入り問い合わせが増えてきましたので、表メニューに復活させることになりました。
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
私が、初めて日常生活に取り入れたスピリチュアルなツールはオラクルカードでした。
 
義父の癌闘病に深く関り続ける先の見えない不安と重責の中、
なんでもいいから支えが欲しかったのだと思います。
 
どうやってオラクルカードのことを知ったのか今となっては思い出せませんが(そのくらいテンパって生きていました)、
毎朝一枚引いてはお守りのように持ち歩いていました。
 
 
 
これが、そのオラクルカード「デイリーガイダンスオラクルカード」。
パッケージは日に焼け色あせ、印字も擦れています。
 
 
当時、しょっちゅう引いていたのがこのカード。
解説本に書かれた「人間関係に前向きな変化がおこる」との文字に、
すがりつくようにして生きていました。
 
 
また、初めて受講したスピリチュアル系講座もオラクルカードでした。
 
その後、FORESTのコースとして提供しはじめ、
さらに学びを進めたいと思い、透視リーディンク講座を受講し、
本格的にスピリチュアルカウンセラーとして活動するようになりました。
 
 
 
オラクルカードの良い点は、
扱いが簡単で、いつでもどこでも気軽に使えるうえ、
前向きな気持ちになれるところです。
 
絵柄が綺麗ですし、「カード」という対象物があるのでメッセージが受け取りやすいというメリットもあります。
 
また、特別な能力や才能は必要なく、コツを学び実践を重ねれば、誰でも自在に使いこなせるようになります。
※これは透視リーディングでも同じです。
  
 
10年近くカードと触れ合ってきましたが、経験を重ねるほどに面白さや更なる深さも出てきて、
これまでにも増してカードが好きになっています(*^-^*)
 
そうした経験も踏まえつつ、楽しくて実践的な授業を行います。
 
 
  
 
 
 
 
 
 
きみこ

起業について4

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-6-16 8:46

 

「腹を決める」

ことを、一番最初の『起業について』の記事ネタにしましたが、

それを聞くと、

「私は腹が決まってないからダメなんだ・・・」

「保険があるからダメなんだ・・・」

と思われる方もみえるかもしれませんね。

 

腹を決めるとは、僕の中で“おそれを無くして突き進む強靭な意志、確固たる決意”ではありません。

腹を決めてもおそれが沸く時は沸きます。

それを皆無にすることは至難の業です。

 

僕の中で「腹を決める」は、

自分のしたいことと、自分が今できることを頭の中でマッチングさせ、それを形にしていく、行動に移してゆく勇気のことだと思ってます。

 

その時、保険を放棄すると動かざる得ない状況になります。

いわば自分を崖っぷちに追い込むやりかたですね。

 

それがその人の性分として合っている場合もあれば、そうでない場合も。

僕の場合、追い込まれないと腹を決められないタイプだったのでそうしたまでです 苦笑;

つまり腹を決めるためにとった、自分に向けたパフォーマンスなんですね(*_*;

 

保険があったほうが、逆に気持に余裕ができて良い方もみえます。

大胆な行動がとれる方もみえます。

どちらが良くて良くないということありません。

 

また、

腹が決まってなくてもトントン拍子にことが進むケースもありますよ。

でも、それは稀なことだと思いますけどね。

 

 

誰でもプランニングすることはできます。

しかし、それを具現化させるとなると相当な覚悟が必要な時があるんです。

 

僕も何かをするとき、心の中で力強くコミットさせます。

「よし腹を決めた」

と。

 

それでも、その後何度もブレることがあります 苦笑

しかしそんな臆病なところ、ヘタレなところも愛すべき自分なんですね。

 

そこで自分を否定することなく肯定させてあげること。

それもセルフでできる癒しのタイミングだと捉えてます。

 

で、自分を癒しながら(肯定しながら)いくと、いつしかおそれは消えてゆくものです。

 

ブレながらも腹を決めて行った試み。

それが、

FORESTの場合、

・移転する

・新しいコースを増やす

・キャンペーンをする

・お得なサービスを増やす

・イベント・ワークショップを企画・開催する

 

などなど。

 

その中で、結果に結びついたものもあれば、結びつかなかったものも。

おそらく思い描いたような結果に導かれたことのほうが少ないのではないかな。

 

以前は、結びついた時は、「やって成功だった」思いましたが、

そうでない時は「やって失敗だった」

とよくジャッジしたものです。

 

自信を持ってアウトプットしたものが結果として実らなかった場合、

「やらなきゃよかった」

「かっこ悪」

となるわけですね。

 

自身のプライドがうずいてくることもそうですが、それより

「自分は必要とされてないんだ」

そんな自己否定感がハンパなく襲ってくるんです。

 

自分を全拒否されてるような感覚とでも言いましょうか。

これは自営業されてる方は、ほとんど経験されてるのではないかな。

 

でも今思えば、失敗などひとつもないと思ってます。

「これを今やっても受け入れられない」

ということがわかっただけ。

 

「もしかして、タイミングが違ってたらウケたかも」

「土地柄もあるかも」

しれません。

 

 

でも、失敗と思ったそれって、じつは大きな収穫なんです。

次はそれとは違う企画をしてみればいいだけなんですから。

 

そんな中で少しずつ調整を重ねながらお客様との感覚の距離を詰めていく。

それもなかなか楽しいものです。

 

企画→実行を失敗と思わない

結果について良い悪いのジャッジをしない

 

もちろん検証は必要ですけどね。

 

「腹を決める」という自己イベントは、同時に「自分癒し」の自己イベントにも繋がります。

それを何度も重ねるうち、自己否定感も薄くなり、同時におそれも沸きにくくなってゆく。

そんな風に捉えてます。

 

 

腹を決めて動いた結果についてのジャッジ。

その前にすることは、自分をしっかり肯定してあげることです。

 

弱っちい部分も、ヘタレな部分もみな愛すべき自分のパーツ。

見方によれば、ヘタレだからこそ繊細な、お客様に寄り添った発想が生まれることもあるんですから。

 

オセロのコマのように、一気にそれを強みに反転させることも可能です。

 

 

yuji 

Forest
Designed by Invision