ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - 201602のエントリ

遠隔手相リーディングコースはじめます♪

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-2-29 8:15

明後日3月2日(水)より、電話による『遠隔手相リーディングコース』を始めます。

*予約は本日より受け付けます
 
このコースは、
 
“遠方である”
“子供が小さくて、家から離れられない”
“気持や体調がすぐれず、家から出たくない”
“営業時間(9~19時)内に店舗に行けない”
 
などのご事情により、店舗まで来ることが困難な方を対象としたコースです。
 
もちろん理由がなくても結構ですよ♪
 
 
以下に遠隔コースの手順をお伝えしますね。
 
1.電話もしくは予約フォームよりセッション時間をお申込みしていただきます
2.予約が成立しましたら、クライアント様の手のひら(両手)の画像と、小指側からみた側面(両手)の画像をmailで送って頂きます
3.送って頂いた画像をもとにリーディングさせていただくと同時に、セッションの際にご説明させて頂くために必要な線&丘などをマーキングさせていただいたのち、その画像をクライアント様のパソコンorスマートフォンに送信させて頂きます。
4.セッション時、クライアント様は、送られてきた画像をプリントアウトされるか、パソコンで見ながら遠隔リーディングをさせていただきます
5.セッション料金は、セッション後1週間以内に指定の口座にお振り込みいただきます
 
 
料金は対面セッションの料金と同じです。
30分 ¥3,000
60分 ¥5,000
*延長は15分につき¥1,000
 
 
なお、予定が入っていなければ店舗の営業時間外でも23時までは、遠隔手相リーディングを受け付けておりますので、ご遠慮なさらずにお問い合わせくださいね。
 
ご予約はお電話(0572-29-1769)か予約フォームより承ります。

なおご質問等は、お問い合わせよりお願いいたします。
 
 
それでは、お待ちしております(^^)
 
 
 
 
yuji

救いの源 2

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-2-27 8:41

ひとは、それぞれの方が、
それぞれ積み上げてきた概念に縛られることがあります。

それは確固たるものであればあるほど。
 
倫理観・道徳観・正義観・俺のやり方・私らしさ・・・
 
 
やがて概念は苦しみのトリガーとなって、
心身の不調をまねくこと、
いかに多いことでしょう。
 
つまり、
「こうしなければならない」
「こうあらねばならない」
 
が、自分でも気づかないうちに強い縛りと苦しみを呼び込んでしまってるんですね。
 
 
でもそうした、
「こうあらねばならない」
は、頑張る源にはなっても、
救いの源にはなってくれません。
 
 
救いの源は、それらを解放したところ。
既存の概念の解放、
それと、それに対する罪悪感を手放したところにあるのではないでしょうか。
 
 
しかしひとはそれを拒みます。
 
なぜなら、
“おそれ(自我・エゴ)”
がそうさせているから。
 
“おそれ”は言います。
 
「今までのやり方でいいじゃない」
 
あるいは、
 
「やり方を変えると、あなたらしさが消えるよ」
 
あるいは、
 
「もっと面倒なことになるよ」
 
「大変なことになるよ」
 
と。
 
おそれを自分の意思の力で手放すことはとても勇気がいること。
なぜなら、自分の意志の力は自我とイコールですから。
 
自我はおそれ。
つまりおそれを使っておそれを手放すことになりますからね。
 
 
おそれを手放すのは、自分の意志の力ではなく“愛”
愛は目には見えないけれど、すべてを包み込むようにいつも寄り添いサポートしてくれている存在です。
 
 
その愛を使っておそれを手放すことを、
“赦し”といいます。
 
ひとは赦すことで救われる。
 
 
赦すことは“おそれ”でなく“愛”を選択すること。
 
 
 
ひとは“愛によってのみ救われる”
 
救いの源は“愛”
 
All you need is love 
 
 
yuji

救いの源 1

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-2-26 9:37

僕が少し前、かいほうワーク中にみたヴィジョン、マリア様。

 
その後、数々のシンクロと深い気づきがありました。
シンクロについてはブログでもお話しさせて頂きましたね。
 
今日はその気づきについてお話しさせて頂きます。
 
 
 
マリア様をみた翌日、ブログに載せる為のフリー素材を探していたら、
「リッタの聖母」というレオナルド・ダ・ヴィンチ作の画像に出会いました。
 
特に僕がみたヴィジョンそのものでもなかったのですが、
ブログ画像に選んだ理由としては、中では一番に近かったからと、なんとなくのニュアンスです。
 
ブログUP後、僕はきみこに促されたこともあり、スマホの壁紙として貼り付けました。
 
 
そしてその画像を見ていた時です。
少ししたら、なにやら熱いものが体の芯からこみ上がってくるのを感じました。
 
そしてまた少ししたら、なんて言ったらいいでしょう。
あたたかい真綿でくるまれてるような安堵感とでも言いましょうか。
気がついたらかいほうワークの時のような涙が頬を。
 
ブログの作成時は気づかなかったんですが、
あの画像は、イエスがマリア様の母乳を含んでいる姿なんですね。
 
それを認識した途端、僕の中の遠い記憶にコミットしたようです。
 
 
 
話は随分さかのぼりますが、
僕は1歳の時、生みの母親と離別しました。
 
1歳と言えば、ちょうどこの画像のように乳飲み子だった頃でしょう。
 
当然ですが、母の記憶はまるっきりありません。
 
 
その後物心がついたころから、なにか心が沈むような出来事があると、
まわりと比較する自分がいました。
そして、不幸な生い立ちを呪う自分がいました。
 
自分は生まれてこない方が良かったのではないだろうか。
 
 
もうとうに忘れてたと思っていた感情ですが、それが蘇ってきたのです。
 
「母が死ななければ、こんな辛い思いはしなくてすんだはずだ。」
 
「そうだ、自分は生みの親を憎んでたんだ。」
 
 
本当は母はなにも悪くないことも知っていました。
でも、そんな時は気持のやり場をそこに向けるのが一番楽だったんですね。
 
一方でそんなふうに思う自分も嫌だった。
 
 
母は悪くない。
そんなことを思った自分も悪くない。
 
 
たまたま、こんな形で離別することにはなったけど、
本当は母も、こんな眼差しできっと僕のことをみてくれてたはず。
 
あの優しい眼差しのマリア様を見た時は、
隠ぺいされてた思いに気づかされるともに、
自分も愛されてこの世に生まれてきたことを確信させてくれた瞬間でもありました。
 
 
マリア様は、
母を赦すため、
自分を赦すため、
そして“愛”を感じるためのアイコンだったんですね。
 
救いの源は愛。
 
 
そんな気づきの出来事でした。
 
 
「救いの源 2」
も、明日にでもUPさせていただきますね。
 
 
yuji
 

 3月12日(土)、

可児市で開催される『ヒーリング蚤の市』に

コラボセラピストさんが出店されます(*´▽`*)

 

 タカハシ雅湖さん (グラスルーエセラピー&ジョハリの窓)

 しのさん (レイキ&ソウルツリーリーディング)

 Naomiさん (カモワンタロット&ハーバルタロット)

 

の3名です。

 
 
「どんな方なのか、どんなセラピーなのか、前から気になってたの!」

 
「FORESTで予約をする前に、一度生でセラピストさんと会ってみたかった」
 
 
 
という方にはうってつけの機会となっています♪
 
 
場所や時間などイベントの仔細は、ヒーリング蚤の市のHPからご覧くださいね→
 

ながたに農園さんの雑草塾始まります

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-2-24 8:30

 

 我が家が有機野菜の宅配でお世話になっている、御嵩町のながたに農園さん。

この4月から、

   『生きるを学ぶ 雑草塾』  いう企画をスタートさせます(*´▽`*)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

運営なさっている永谷さんは、とにかくお人柄が良くてステキなご夫婦。

野菜はもちろん美味しいですし、

それを育む畑がまたすばらしく、

以前夫婦で見学にお邪魔した時、心から感動しました。

 

想像していた畑の姿とは一線を画す自然味溢れる畑は美しく、

それを支えるしっかりとした理論と、

自然や生命を一つのものととらえる永谷さんの考え方にジーンときました。

 

また、そうした専門的な知識や壮大な自然観を、

素人の私たちに分かりやすく面白く、

しかもちっとも偉ぶらずにのほほんとお話し下さる永谷さんのお人柄にも癒されまくりの一日でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雑草塾は、

御嵩町の山間にある永谷さんの農園で、

四季の移ろいを感じながらの畑仕事を中心に、

食や環境、生命、生き方などに通ずる知識、経験、想いなど、

様々なものをみんなで共有していきます。

 

 

かわいいパンフレット!

イラストは奥様が描かれたそうです♪

 

 

趣旨や連絡先はこちらに書いてあります。 

 

 

年間を通じた流れはこのページに。

 

 

詳しくは、パンフレットを拡大してみて頂くか、

以下のサイトをご参照になるか、

ながたに農園さんに直接お問い合わせください。

 *FORESTにもパンフレットがありますのでご自由にお持ちくださいね!

 

ながたに農園さんのHPはこちら→

雑草塾に関する情報が載っているフェイズブックページはこちら→

 

 

きみこ

無力を知る旅

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2016-2-21 14:38

ひとは自分の無力を知るための旅をしているようなものかもしれない。

と、近頃思うようになってきました。
 
自分はなにもできない。
自分の力の及ばないところで世の中はまわっている。
 
自分の無力をほとほと知った時、
人智でははかりしれない、なにか大きな流れの中で自分は生かされていることに気づく。
 
 
「なんでも自分の思うようになる」といううぬぼれや傲り。
過去に持った時期ってありませんか?
 
「自分はなんもできない」ってことに対する、腹立たしさや自己卑下。
過去にもったことってありませんか?
 
ちなみに僕は、両方ともおなかいっぱい経験してきました 苦笑
 
それらは両方とも自我です (-_-;)
 
 
力があると思えば思うほど、
思うようにならなかった時、その原因を相手に求めます。
 
力があると思えば思うほど、
何もできなかった時、その原因を自分に求めます。
 
怒りの矛先が相手に向かうか自分に向かうかの違いこそあれ、両方とも自我。
自分に力があるからと思っているからなんですね。
 
自我を「自信」という名のオブラートにくるんで、それを推進力にしていく時期も人生にはあるでしょう。
でもオブラートはオブラート。
いずれは溶けて、中身(自我)が出てきます。
ずっと自我を抱えていくということは、苦しい生き方を選択していくに他なりません。
 
 
ここでお話ししている無力とは、それら自我を超えたところの無力。
 
とても曖昧な表現になってしまいますが、
「思い通りにはならない。」
「だけど何もできないわけじゃない。」
領域の無力とでも言いましょうか。
 
やるだけのことはやったら、その後、結果に対して良いとか悪いとかのジャッジはしない心のあり様。
とでも言いましょうか。
 
そこが養われると、相手を責めることも自分を責めることもなくなります。
間違いなく心の平安は訪れるでしょう。
 
 
そして、心の平安はやがて、
「自分が周りを変えることはできない」
ことの気づきに。
 
さらに、
「でも、自分がみている周りの観方を変えることはできる」
ことの気づきに導かれます。
 
それらの気づきこそ、傲りと卑下を超えた無力の智慧なのかな、
なんて思ってます。
 
 
なので、無力、無力と聞くとむなしさばかりが頭の中で反芻されるかもしれないけれど、
決して悲観することはありませんよ。
 
むしろ楽な生き方のコツをつかんだようなものだと思えばよいのです。
 
 
仏教に「諸法無我」という言葉がありますが、無力を知ることはまさに無我(自我が無くなった世界観)を知ることに通じると思います。
 
 
無力を知る旅。
それは楽な生き方を知る旅。
 
その旅は、ちょくちょく自我が邪魔してくるので、なかなか思うように進めないかもしれません。
が、その“思うように”という気持すら手放して旅することができるようになれば、
案外楽しい道中になるかもしれないですね (^^)
 
 
 
yuji

二重に幸せ

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-2-19 16:36

 

我が夫:雄二サンとは、日ごろからまめに会話をします。
 
とても楽しいです。
 
 
どうでもいい話。
愛猫の話。
仕事に関するミーティングだったり、
人生の深い話や気づきのシェアだったり。
 
365日24時間一緒にいますから、いつでもとっ捕まえて(笑)話せる相手がいるわけです。
 
これは夫婦二人で自営業をしているメリットでしょうね。
 
 
 
ここ数年はスピリチュアルな話題も大丈夫(笑)になった雄二サマ。
むしろ積極的にそうした話題を振ってきます。
 
そんな彼の気づきのシェアは、いつも大きな学びと気づきをもたらしてくれます。
 
 
 
また、
 
「自分のことは自分が一番よく分かっている」なんて言いますが、
実際には超主観的&古い思い込みによって客観視できていないものなので、
 
いつも傍らで冷静に(笑)観察している人物からのアドバイスは、有難く、とても参考になります。
 
 
例えば服を買う時も、
雄二サンに選んでもらった方が周りから「似合うよ」と言ってもらえる良い買い物ができるので、助かっておりまする(*´ω`*)
 
 
 
 
でも、昔はこんな関係ではなかったんですよ。
 
私が一方的に話しまくり、彼は飽き飽きして生返事。
話の内容は完全に聞き流しているので、後で言った言わないの険悪なムードに・・・
 
 
 
若い頃は、
「どうして話をちゃんと聞いてくれないの?私のことをちゃんと見てくれないの?」
とイラついたり悲しんだり。
″私を最優先にして大事にして欲しい″と無理難題を吹っ掛けるメンドクサイ妻でした(;´Д`)
 
 
 

ようはが癒されておらず、愛に飢えていたんですね。

それは彼も同じでした。

 

 

互いにいろいろなきっかけや転機がいくつも積み上がり、
今の良好な関係に至ったのですが、
 
 

・それぞれが自分の心を内観するようになり、スピリットと共に歩むようになった

 ・赦しのレッスンを習慣化した

 ・その結果、心が癒され、相手に求めなくなった(執着を手放せるようになった)

 

 
のが、とても大きかったように思います。
 
 
 
相手を変えようとしても変わりませんが、
自分が変わることで相手にも変化の余地が出てきます。
 
 
・・・自分が変われば相手が望みどおりに変わるわけではありません。
 
けれど、″相手が癒されるように変化する素地作り″を助けることにはなります。
また、自分の心が癒されていれば、相手のことは気にならなくなります。
 
 
我が家の旦那様の場合は、行動や価値観まで大きく変わりました。
 
 
 
分かりやすい例では、
 
亭主関白だった彼は、
ゴミ出しはおろか、お皿洗いや息子のおむつ替えも拒む人。
せっかちなので、鈍い私を急かしてイライラ。
 
 
それが今や、
 
ゴミは出すわ、お皿も洗うわ、猫のトイレはすすんで始末する。
洗濯物も、干すわたたむわ、アイロンがけまで全部する。
玄関も毎日掃くし、お風呂も洗う。
私の支度が遅くても、笑顔で待っていてくれる。 
 
 
 
・・・うわあぁ
 
こうして文字にするとなんてスバラシイ夫なのだろう。

今度ビール買ってやらねば(笑)

 

 
これら全部、自然に自発的にやるようになったのですから、すごい変化です。
 
 
 
 
こうした行動面の変化はもちろん有難いですし嬉しいです。
でも、それ以上に嬉しいのは、

彼が幸せそうに生きていることです。

 
紆余曲折を経た今、
彼の癒された心には、いつでもスピリットの愛が溢れ、愛で満たされているからなのでしょう。
 
 
幸せな人と一緒にいると、こちらまで幸せになります(*^-^*)
私はそういう意味で二重に幸せ者です。
 
 
 
 
 
・・・おおっと、今日はおのろけブログになっちまったよ。
まぁこんな日も、たまには良しということで(笑)
 
 
 
 
雄ちゃんいつもありがとう!
これからも人生の舵取りヨロシクね。
 
・・・って、
わてらの人生、手漕ぎボートなの? (笑)
 
 
 
きみこ
 
  
 

 

心を癒す赦しのレッスン

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-2-18 16:33

 スピリチュアルスクールでお教えしていることの一つに『赦しのレッスン』があります。

 
 
これは、
 

聖霊(私たちを導く存在。ハイヤーセルフやスピリットとも呼ばれる、本当の自分のことです)の力を借りて、

エゴ(恐れ・罪悪感・欠乏感・執着などあらゆるネガティブさ)を取り消すことによって、

心の安らぎを取り戻し、幸せに生きられるようになる実践的な方法です。

 
 
先日も、受講者さんの一人が日常の中で『赦しのレッスン』をやられた時の体験を話してくださいました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ある日、仕事に関する不愉快なメールを受け取ったAさんは、
それによって心が乱され、思わず感情が高ぶってしまいました。
 
返信をしなければならないのですが、
なかなか気持ちが収まらず・・・
 
かといって、
今の気持ちのまま返信すれば、
売り言葉に買い言葉的なメールになってしまい、
険悪な関係に突入することは明白でした。
 
 
その時、Aさんは『赦しのレッスン』のことを思い出し、早速やってみることに。
 
 
 
すると、さっきまでの怒りがきれいに消えて、
何に関して怒っていたのかや、
自分が怒っていたこと自体、
すっかり忘れてしまいました。
 
 
そうして心が安らかになったAさんは、
冷静で適切なメールを返信し、
不愉快なメールを送ってきた人との関係も、こじれることなくスムーズに改善し、
 
関わる全ての人にとっても良い結果になりました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Aさんは、
 
「あのまま赦しのレッスンをしないで返信していたらどうなっていたか。
周りにも影響が出て大ごとになっていたと思います。

やって本当に良かったですし、赦しのレッスンってすごいですね!」
 
と笑顔で報告してくださいました(*^-^*)
 
 
 
 
 
 
Aさんに起こったことは、心の中における大きな癒しとシフトです。
 
 
 
届いたメールの内容が変わったわけではありません。
ひどい内容に傷ついたという出来事も変わりません。
 
また、
自分の意思の力を駆使しポジティブ思考で乗り越えたわけでもなく、
 
未来を変えるために、
引き寄せの法則を使ったり、宇宙にお願いしたのでもありません。
 
 
 
 
Aさんがしたことは、
 

赦しのレッスンを通じて【心を癒す】ことでした。

 
 

癒された心は本来あるべき心の状態に、つまり、愛溢れる平安な状態に導かれます。

 

その結果、Aさんは【心の安らぎ】を手に入れたのです。

 

 
 
 
安らいだ心は、安らいだ現実を投影します。
すると自動的に、未来でも安らぎを感じます。
 
それは、
物理的変化を伴うこともあれば、
伴わないこともありますが、

どちらにせよ、
心はすでに苦痛から解放され癒されているので、
安らぎや幸せを感じる結果になります。
 
 
  
 
 

「ありとあらゆる苦しみ」は、 

「心が安らいでいない」ことから生まれています。


「安らぎの不在」を色々な感じ方で表現しているにすぎません。

 

そして、

「ありとあらゆる願望」の根底には、

「心の安らかさへの渇望」が隠されています。

 

 
苦しみは一つ。
ならば解決方法も一つ。
 
「安らぎの不在」が原因ならば、
「安らぎの臨在」がそれを解決します。
 
 
 
 

幸せに生きるということは、

物理的変化を追い求めることではなく、


心の安らぎによって達成されるのだと、年々深く思うのです。

 

 

 


 ハート型のネギ。
本文とは何の関連もないですが(笑)
 
些細な日常にも愛が一杯。
どんなところにも、安らぎと神の愛は臨在しています。 
 
 
 
 
きみこ
 
 
 
 

 コラボセラピストの藤原こずえさんが、コースの内容とページを全面的にリニューアルされました♪

サロン名は、『アーユルヴェーダサロン natura<ナチュラ>』です。
これまでも大変興味深い内容でしたが、これからはさらに深化したメニューになっております!!
 
 
アーユルヴェーダはインド発祥の癒しです。
お客様の心と身体の傾向が分かるドーシャチェックを行い、
その方に合ったケアを選び、心と身体を総合的に癒していきます。
 
国内では有名ですが、多治見市内ではまだまだ珍しいセラピーです。
 
 
なお、ただいまリニューアルオープン記念として先着10名様限定のキャンペーンも開催されています☆
 
今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
 
*藤原こずえさんのページはこちら
 

透視モニターさん決定しました!

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-2-17 17:52

 先ほど告知させて頂いた2月29日の分のモニターさん、今決まりました(*^-^*)

ご協力ありがとうございましたm(__)m

 

きみこ

Forest
Designed by Invision