ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

  • カテゴリ 多治見市 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 多治見市カテゴリのエントリ

夏だ!猛暑だ!うながっぱだ!

カテゴリ : 
多治見市
執筆 : 
forest 2010-7-23 14:23

出ました。本日も38度越え。

豪雨の次は猛暑です。過酷なり、多治見市(苦笑)。

市外在住の方に、今の多治見市の暑さをご説明しますと・・・

外気は『真夏の昼に、超狭い台所でそうめんを茹でるべく寸胴で湯を沸騰させている』感じです。

住宅街を歩くと、人の子のどころか猫1匹見かけず、セミの声とクーラーの室外機の音だけが聞こえてきます。

「呼吸すると、(熱気を吸い込むため)肺が痛い」。屋外スポーツをやっている息子談。

・・・とまあこんな有様です。とはいえ、以前40度を越えた時は、『そうめんは10人分、寸胴は特大』って感じでしたので、まだまだ大丈夫って気がしてきます。ははは。

この季節、多治見市はニュースでも頻繁に取り上げられますが、そのニュース映像を盛り上げてくれている(?)のが、ご当地キャラの『うながっぱ』です。

うなぎと河童のミックス種(らしい)。コーラルピンクがかったオレンジ色の二頭身ボディーと、大きな目がチャームポイントのゆるキャラです。作画してくださったのがやなせたかしさんという点が、多治見人にはちょっぴり自慢。地元のイベントや広報活動に出動し、温暖化対策の啓蒙に一役買ったり、市民を和ませてくれています。

特に夏には引っ張りだこで方々に出掛けていくアイドルぶりですが、オフ日(広報活動がない時)には、市役所の入り口付近や3階のエレベーターホール角辺りに、意外にも剥き出し状態でスタンバイ(もちろん“中身”は不在の状態でですが)していたりします。

近くで見ると予想よりも美麗な毛並み(??)で、ふわふわふかふかでリッチな手触り。胴体部分はなかなか丈夫そうな造りで立派です。でも、造りがしっかりしているという事は、装着した時の重さや暑さはハンパないのでは・・・?

もちろん、ちゃんと暑さ対策を施しているとは思いますが、打ち水イベントなどで一生懸命ひしゃくを振っているうながっぱを見ると、「打ち水して欲しいのはわしの方じゃ!」と、内心思ってみえるのでは・・・と、夢のない心配をしてしまう私です。

がんばれ!うながっぱ!!

kimiko

 

雨に思う

カテゴリ : 
多治見市
執筆 : 
forest 2010-7-16 14:51

最近話題になるゲリラ豪雨や集中豪雨。ニュースで見ているだけの頃は、「ああ、大変だなぁ」とぼんやり思う程度でした。それがまさか自分の住む地域で起こるとは!

昨日の多治見市は記録的な豪雨で、近所の河川が溢れだし、最寄駅の線路が冠水しました。そうなる前の時間帯に用事があって川辺に行きましたが、川は既に濁流と化しており、いつもと全く異なるその表情を目の当たりにして、「命が脅かされる恐怖」を少なからず感じました。

以前、海外の心理学者の方が「人間は大きな災害や事件、事故に遭遇した時『自分だけは助かる。大丈夫』という根拠のない思い込みをする」と、言ってみえました。実際、911同時多発テロの際、まだ崩壊していないビルに居合わせた人達が、意外にも冷静にゆっくりと避難したため、二次崩壊に巻き込まれてしまった、というデータがあるそうです。

確かに、私もどこかで「自分だけは大丈夫!」と思っていました。ですが、それが根拠のない思い込みだった事を、昨日の雨で自覚しました。

ですがこの心理、悪い事ばかりでもありません。そういう心理が働くがゆえに、人間は未知の土地や環境にどんどん進出していって、今の繁栄を築いたのだそうです。それに、天災などに巻き込まれた人が奇跡的に救出された時や、戦争や紛争等の絶望的な状況下から生還した方の談話を聞くと、「自分は必ず助かると信じていた」と言われることが多いのも事実です。

とはいえ、自然の力はやはり圧倒的ですね。「大丈夫」という心理は持ちつつも、備えあれば憂いなし、です。とりあえず今回の私の教訓は「懐中電灯とラジオの電池は本体と一緒にしまっておけ!」と、「ライターとマッチくらい新品を揃えておけ!」です・・・(そこっ??)

 

Forest
Designed by Invision