ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - 中道

中道

カテゴリ : 
General
執筆 : 
forest 2018-1-10 19:02

ブッダことゴータマ・シッダッタ(釈迦)は、釈迦族の王子としてこの世に生を受け、何不自由なく過ごしてきましたが、29歳を迎えたある日、世俗の“生老病死”を目の当たりにし、一念発起、出家することを決意しました。

 

それから6年。

難行苦行の末、35歳で悟りを開くわけですが、

その時彼は、何を悟ったか・・・

 

それは、

2極の考え方には意味がない」こと。

 

仏教に中道という言葉がありますが、それは裕福な生活と苦行を強いる生活。

ブッダ自らの、実体験に基づいた気づきなんですね。

*中道:仏教の実践についての基本的な考えで、対立または矛盾しあう両極を離れ、そのどちらにも偏らない中正な立場を貫くこと

 

 

身の回りのことでみると、

たとえば、ひとは常に善悪をつけたがります。

 

「あの人は善い人」

「あの人は悪い人」

 

「その考え方は正しい」

「その考え方は間違っている」

 

など。

 

犯罪行為やそれを招くような考え方、

また、ひとを故意に傷つけるor貶めるような行為・考え方は別として、

 

ほんとは善い人もいなければ悪い人もいません。

絶対に正しい考え方をするひとも、絶対に間違った考え方をするひともいません。

 

あるひとの考え方に対して好き嫌いはあったとしても、それがそのままそのひとの人間性や価値を決めることにもならないはずです。

 

 

極から離れた思考。

 

そこを意識することに中道の意味があります。

 

また、楽な生き方に導かれるヒントがあるのでは、

などと思っています。

 

 

 

ゆうじ

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.h-s-forest.com/html/modules/d3blog/tb.php/1647
Forest
Designed by Invision