ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - 出張セッションと祈りのワーク(後編)

出張セッションと祈りのワーク(後編)

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2016-11-12 14:43

出張セッション場所であるCさんのお宅に到着。

Cさんはいつもの笑顔で迎えて下さいましたが、とても疲れているのが見て取れます。

すでに到着されていたAさんとBさんも交えて、早速セッションをスタートしました。

 

まずはCさんの今の状況やお気持ちを伺います。

 

仕事熱心で職場での信頼も厚いCさんは、沢山の仕事を抱えていました。

気の合わない上司との関係に悩みながらも「和」を心掛けてきました。

その後体調を崩しましたが、仕事量や責任は以前のままでした。

 

ドクターストップがかかる。職場は復帰を望んでいる。家族のためにも働きたい。

仕事を続けるか、辞めるか。辞めるならいつそれを言うか。

辞めたら職場に迷惑がかかるのでは。

家庭はどうなるのか。将来はどう変わるのか。

どうしてこんなことになってしまったのか・・・

 

色々な思いや事情が絡み合い、不安と混乱が増し、とうとう、

「本当はどうしたいのか自分でも分からなくなってしまった」のだそうです。

 

友達であるAさんやBさんは、Cさんがどれだけ頑張ってきたかを知っていました。

Cさんの言い分も十分理解したうえで「もっと楽に生きてほしい」と話されました。

Cさんの瞳から涙がぽろり・・・そしてみんなももらい泣き・・・

 

 

自分の本当の気持ちが分からない。それは想像以上に辛く苦しいことです。

そして、そうなる大きな原因の一つが【自分の本当の気持ちを隠すこと】です。

これは「協調性が大事」「相手の気持ちを察しなさい」「周りのことを考えて行動するように」

と言われて育つ日本人なら誰もが思い当たるのではないでしょうか。

 

 

「本当の気持ち」は隠せます。潜在意識に押し込めて済んだことにもできます。

けれど、潜在意識に隠蔽したものはいずれ物理化するのが宇宙の仕組みです。

「○○が嫌いだ」という気持ちを隠しても、いずれは現実世界に投影され、

さらに「○○が嫌いだ」と感じる出来事(つまり嫌な現実)がもう一度やって来ます。

 

それは、

『自分の本当の気持ちに気が付き、向き合い、受け入れ、自分を大切にする生き方に変わるまで』

繰り返されます。

 

私は自分のケースをお話ししました。

 

〈その人〉は、他者を支配したがる人でした。

思い通りにならないと怒りを爆発させ、周りの人たちも巻き込み騒動を起こしました。

どうにかうまく付き合えないものかと試行錯誤しましたが、

その度に揉めてもっと厄介な事態になるばかり。

それに疲れた私は、その人の言う通りに言動するようになりました。

 

その方が現状を変えようとするより簡単でした。

自分が我慢すれば、周りの人にしわ寄せが行くこともなく丸く収まると考えました。

 

それに「宇宙の法則から言っても、嫌なことから逃げてはいけない」と思いました。

「ここで逃げてはいけない、根本解決のために正面から向き合わなければ」と自分を鼓舞し続けました。

そのうち私は鬱になり、最後には自分の本当の気持ちが分からなくなりました。

 

そんな支配的な関係が20年続いた後、あることをきっかけに私は自分の間違いに気が付きました。

逃げてはいけないのは「嫌な相手や関係性」ではありませんでした。

逃げてはいけないのは、正面から向き合わなければならなかったのは【自分の本当の気持ち】だったのです。

 

本当の気持ち。

それは「その人のことが死ぬほど嫌い。憎い。二度と会いたくないし関わりたくない。もう限界」でした。

 

結局、私はその人との縁を切りました。

 

直後は、その人に対する罪悪感に苛まれ、申し訳なさや自己嫌悪で毎日泣いていました。

次に、その人に対する強い憎悪が沸き続け、禍々しい気持ちが数か月間止みませんでした。

私は、毎日毎瞬、自分の中から沸き上がる、目を背けたくなるような感情や思考と向き合いました。

ハイヤーセルフに委ねる『赦しのレッスン』も併用しました。コツコツ、コツコツと。。。

 

すると、半年ほど経ってからようやく、

「縁を切って良かった。逃げて良かった。これで良かったんだ」と心から思えるようになりました。

 

すると、これまで見えていなかったものが見えてきました。

私が我慢していたことで、周りの人たちも本当の気持ちが言えず我慢を強いられていました。

逆に、

私が我慢を止め、自分を大切にする行動を取ったことで、

周りの人たちも自分を大切にする行動を取れるようになりました。

 

 

私は、Cさんのお話を伺って、自分のこの体験がリンクしているなぁと思いました。

Cさんは、私の話からご自身と共通している部分を汲み取って下さいました。

また、Aさん、Bさんに伺ったところ、二人の話に響くところがあったそうです。

[人は、互いが互いの投影であり、鏡のようなもの]だということがそこにも表れていました。

 

そうしたシェアリングをした後、Cさんは、

「実は家族も、仕事を辞めて良いよと言ってくれているんです。自分の体を大切にしてと…

私、本当は仕事を辞めたいと思っていたと、今分かりました」

と言われました。

その、はっきりとした口調の言葉を聞いて、

Cさんが自分を大切にする決断をされたことをみんなで喜びあいました。

 

最後は、祈りのワークの誘導瞑想です。

 

その場でチャネリングした誘導の言葉を私が話し、

それを聞きながらCさんの、そしてみんなの中にある恐れをハイヤーセルフに全託し取り消してもらい、

無限の愛と幸せを受け取ります。

祈りのワークではイメージングをしないことが多いのですが、

今回は、[お釈迦様と孫悟空のイメージ]を思い浮かべて頂きながら行いました。

 

その他には、オラクルカードのプチリーディングも個別に行い、出張セッションは無事終わりました。

 

 

 

きみこ

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.h-s-forest.com/html/modules/d3blog/tb.php/1406
Forest
Designed by Invision