ANZX ⍇ TCg}bv
menu

menu

ヒーリングサロンフォレスト

整体・リフレクソロジー
スピリチュアルカウンセリング

岐阜県多治見市昭栄町30-28
TEL:0572-29-1769

営業時間:9:00~


menu
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

menu

menu

menu

ブログ - スピリットガイドからの絵手紙コースのご感想

スピリットガイドからの絵手紙コースのご感想

カテゴリ : 
スピリチュアル
執筆 : 
forest 2015-7-20 11:02

ご来店不要でスピリチュアルなメッセージを受け取るコースに『スピリットガイドからの絵手紙コース』があります。

やり始めて随分と経ちますが「描いている私にまで気づきや癒しをギフトして頂いている」という思いが年々強まっています。
 
最近絵手紙のご依頼が続いたのですが、そのどれもが私にとってもタイムリーなメッセージばかりで、
描きながら心がホッとほぐされ、勇気が湧いたり、じーんと感動していました。
 
これは私に限ったことではなく、他の多くの方にとっても役に立つメッセージなのだと感じます。
そこで、最新のご依頼のお客様にご相談したところご快諾下さいましたので、
その絵手紙をブログでシェアさせて頂きます。
 
 
 
 
この絵手紙の依頼主であるMさんは、以前にも絵手紙コースをご利用下さっています。
今回のメールには「その時描いて頂いた事が、今、実現できていて、驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです♪(*^^*)」
とあり、有難いなぁ、嬉しいなぁと感謝しました。
 
ただ、これまで絵手紙のデータを残してこなかった為、前回どんなテーマでご依頼下さりどんな絵とメッセージをお届けしたのか、その時点では思い出すことが出来ませんでした。
 
 
今回は【今の自分に必要なメッセージ】というテーマを頂きました。
それを基にスピリットガイド(人間を常に見守り導くスピリチュアルな存在であり、その方自身の本質、真の自己でもあります)と繋がってメッセージを受け取りました。
 
 
 
透視を行うと、しっぽが九本ある元気いっぱいのキツネが視えてきました。
 
 
 
キツネは気持ちよさそうに優雅に尾を拡げて見せています。
尾は、左から7本は同じ色、右側の二本だけはそれぞれ銀色と金色になっています。
 
キツネはぴょんと飛び上がると、光る玉に前足で触れました。
 
 
そこから感じたメッセージの主文は絵に書き込んであります。
 

自分らしさを制限しないで

良いも悪いも関係なく

全てを丸々包み込んで

 

あなたの横にはいつでもガイドが

その向こうには神さまがいる

 

だから大丈夫 安心してね

思うままに伸びていこう

 
 
 
そしてMさんにお届けした解説の概略は、以下の通りです。
 

九尾のキツネはMさんを表すシンボルで、「パワフルさや才能の開花や魅力」を表しています。

Mさんに備わっている力や魅力が今開花してきていること、
それを存分に発揮するステージに上がられたことを表します。
 
それと同時に、キツネ=化かす=本当の気持ちを隠すという意味合いも含んでいます。


同じ色をした7つの尾はカトリックで言うところの「七つの大罪」を表します。それは、誰もが持っている人間らしい欲や感情や思考のことを指します。

残りの二本の尾は、銀色がスピリットガイド、金色が神さま(宗教とは無関係の、大いなる源。無条件の愛の存在)を表します。

また、光の玉は、Mさんの本質である真の自己の、愛と光を表します。



ガイドは、大きなステップを乗り越え新しいステージ立っているMさんを、
その力や魅力を伸び伸びと発揮していかれるように導いています。
そのために今、気に留めておくと良いのは『どんな自分も認めて受け入れる』ことです。


人間は、ポジティブネガティブ両方を併せ持つ生き物で、それは自然な姿であり、善でも悪でもありません。
「そこには意味はないんだわ、ジャッジするのは無意味なんだわ」と、どんな自分も良しとして受け入れましょう。

ガイドも神さまも、そうした人間的なことには目もくれず気にも留めず、Mさんの真の姿だけを見つめいつでも愛しています。

このキツネのように、持っているすべてを罪悪感を抱くことなく認め、伸び伸びと振る舞うことで、
ガイドや神さまと同じ愛と光の存在であるMさんの真の姿に手が届き、愛と光が人生に溢れ出すことでしょう。
 
 
 
後日、絵手紙を受け取られたMさんからメールを頂きました。
 
************************************
 
絵手紙ありがとうございました!!(*^-^*)
とっても感激です♪(*^^*)
何度も何度も読み返し、喜びをかみしめております♪
 
素敵なメッセージありがとうございました♪
 
『どんな自分も良しとして受け入れる』
 
本当に私に必要なメッセージだと思います。
 
以前も、描いて頂いた絵が、繋がっていると思うのですが、
以前は、カンガルーのお腹のポケットから、ちょっと黒ずんだ赤ちゃんカンガルーが顔を出していました。
お母さんカンガルーはペロッと舌を出していたんです。
 
赤ちゃんカンガルーは、腹黒い ?私の一部。
そういう自分が出てきても、『エヘッ』と舌を出していればいい。
そんな自分がいてもいいんだよ、というメッセージだったと思います。
 
当時は、腹黒い自分が嫌で嫌でたまらなくて、なくしたくて仕方ありませんでした(>_<)
聖人君子に憧れていたからです。
嫌なものにフタをして、なかったことにしていたら、
どんどん自分が苦しくなっていきました。
 
それから、いろんな事があり、ようやく、私はお母さんカンガルーのように、ペロッと舌を出すことができるようになりました。
 
自分を責めなくなりました。
 
『あ、やっちゃった。エヘヘ』 って舌を出せる自分になりまし た。
 
なので、とてもとても生きていて楽です♪(*^^*)
『幸せ』と感じることが増えてきました。
 
今回のメッセージで、新しいステージに立っている、という言葉を読んだ時、
実はどこかでそんな感じがしていたので、やっぱりかぁと思いました。
これからの未来に、とてもワクワクしているんです♪(*^^*)
 
そして、同時に、まだまだ自分の中の嫌な部分を責めている自分にも気づかされるんです(^-^;
以前とは比べ物にはなりませんが、まだまだ自分を罰しているクセのようなものはあります。
だからこその、今回のメッセージなのかな、と思いました。
 
しっかりと受け取り、自分を受け入れていきま す♪(*^^*)
 
ありがとうございました!!!(*^人^*)
 
 **********************************
 
 
 
とのお返事を頂き、やっと前回の絵を思い出すことができました!
お母さんカンガルーのおちゃめな表情(テヘペロ的な笑)がとても特徴的だったので、印象に残っていたのです。
 
それをお伝えしたところ、Mさんから返信を頂きました。
 
 
 
*************************************
 
カンガルーの親子の絵、覚えているなんて驚きです!∑(゜Д゜)
嬉しいです♪(*^^*)
 
ほんとに一山越えたなぁと感じています。
あの当時はどうしても黒い子を認める事が出来なかったし、
お母さんのように舌を出す余裕もありませんでした(>_<)
ものすごく物事を真剣に真面目に捉えすぎていて、余裕やユーモアなどの余地がありませんでした(´・_・`)
 
そして、善悪の価値観にキツく縛られていたので、
黒い部分を認めることができませんでした(>_<)
 
善悪という基準を外し、正しいも間違ってるもない、という生き方にシフトし始め、
徐々に縛りが緩んできたように思います。
 
本当にあの当時は苦しかったなぁと思います。
 
お腹のポケットから顔を出していた黒い子が、
今は黒い部分もなく、隠すポケットもなく、
優雅に尻尾を広げ、全てを見せている、という変化に驚きです!!∑(゜Д゜)
 
もう隠さずに、こんな風に見せてもいいんだなぁと改めて感激しました♪(*^^*)
 
本当にありがとうございます♪(^人^)
 
返信も含め、自由に使っていただいて構いませんので、
どうぞよろしくお願いいたします♪(^人^)
これからも、九尾ちゃんと共に優雅に生きていきたいと思います♪(*^^*)
 

*******************************
 
 
 自分を否定することや罪悪感を抱くことで、
どれだけ自分自身を苦しめてしまうのか・・・
それは人の性とも呼べる普遍的なテーマです。
 
また、そうと知らずに、またそうと分かっていても、
「そこから抜けられない」と信じてしまうのもまた、人の性です。
 
 
「本当にあの時は苦しかったなぁと思います」
 
というMさんの心情は、私も含めた多くの方にも共通するものだと感じます。
それだけに、Mさんの体験や変化からは、勇気と前向きな気持ちをおすそ分けして頂けます(^^)
 
 
 
 
Mさん、ご協力下さりありがとうございましたm(__)m
ますます輝きながら軽やかに人生を謳歌されることを心からお祈りしています♪
 
 
きみこ
 
 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.h-s-forest.com/html/modules/d3blog/tb.php/1065
Forest
Designed by Invision